◆八雲紫

東方妖々夢のPhantasmに登場する八雲紫の立ち絵について。

妖々夢での八雲紫の衣装や背後のスキマ等の絵的な元ネタは2002年1月~9月に放送された

TVアニメ『ラーゼフォン』の登場人物、如月 久遠(きさらぎ くおん)である可能性がある。

(スキマの能力自体は竹本泉のゆみみみっくす由来だと思われる。)

以下、比較画像と合成再現。


① ラーゼフォンの卵と如月久遠(※1)

yukari_001.png


② 傘をさす如月久遠と椅子に座る如月樹(きさらぎ いつき)(※2)

yukari_002.png

(※1) 絵の初出はアニメージュ2002年4月号 千と千尋の神隠しとのダブル表紙

(※2) 初出はDVD 2巻ジャケット(ここでは如月樹は省略)


③ ①と②のイラストを合成し、カラーを八雲紫化

yukari_003.png


④ ③に妖々夢の八雲紫を上乗せ

yukari_004.png


⑤ ①の如月久遠と③の合成画像を比較

yukari_005.png


二枚のイラストは『画集ラーゼフォン ― オフィシャルイラストコレクション』に収録されている。

(① 見開き46~47ページ、② 73ページ)

また、同一のイラストは後に発売された『山田章博の世界 ~ ラーゼフォン アートワークス ~』にも収録されている。

(① 29ページ、② 15ページ)

八雲紫は妖々夢の開発終盤で追加されたオマケキャラなので時期的(※3)にも、絵が見開きで分割されていない点からも

神主がそもそも山田章博ファンであることからも後者の画集が直接の元ネタである可能性が高い。


(※3) 後者の画集の発売日は2003年7月1日で、妖々夢完成版の頒布は2003年8月17日開催のコミックマーケット64


【2015/10/11 追記】

の絵の初出がアニメージュ2002年4月号であることから雑誌を入手し確認を行った。

すると以下の事柄が判明した。


【壱】 4月号のダブル表紙とは千と千尋の神隠しの表紙の下に隠されたもう一枚の厚紙の表紙のことである。

    表紙の裏面や、雑誌の裏表紙のことではない。

【弐】 48~49ページの見開きにてアニメ版 十二国記(4月2日放送開始)の特集ページがあり

    原作者 小野 不由美 氏のコメントも掲載されている。

【参】 104~105ページの見開きにて『ガラクタ名作劇場 ラクガキ王国』の特集ページ(2002/3/10)があり

    かつて神奈川に存在したタイトー海老名開発センターの写真と隠しラクガキ『ハクレイのミコ』が掲載されている。

【肆】 167~173ページの左柱にて永野のりこ氏の『まじょっ子ソンソン』なる縦長漫画(?)が掲載されている。

    (ほとんど関係ないが1988年のアニメージュから続いている同誌で最も長い連載作品。)


ここで重要なのは【参】である。

博麗神主こと太田順也氏の手によって作られたハクレイのミコ(おそらく博麗霊夢)が

後に八雲紫のモデルとなる如月久遠の描き下ろされた雑誌に載っている点である。

(ハクレイのミコの画像は2002年1月24日のこちらのものと同一。)


ゲームの特集記事を掲載されたことから、アニメージュ2002年4月号が海老名開発センターに存在していた可能性や

ハクレイのミコ画像を各種メディア向けに出力したであろう存在が記事の確認のために入手していた可能性も考えられる。


結論、博麗霊夢と八雲紫の関係は2002年4月の時点で既に始まっていたのだ!(それは人間と妖怪の新しい関係だった)