◆東方Projectの背景等

【日本国内】

妖々夢リザルト画面背景

10万Hit記念絵

香霖堂の名前の由来

星蓮船4面背景

永夜抄5面背景

25万Hit記念絵

妖々夢ED絵

【海の向こう】

開発中の紅魔郷タイトル画面背景

妖々夢4面スペルカード背景

紅魔郷3面背景


① ~ ⑦は

『歴史遺産 日本の洋館〈第1巻〉明治篇(1)』

『歴史遺産 日本の洋館〈第2巻〉明治篇(2)』

の2冊に元ネタが存在する。

藤森 照信(著)、増田 彰久(写真)


① 妖々夢リザルト画面背景  

明治篇(1)のトビラ及び122ページに掲載されている旧右近権左衛門邸。

youkan_002.png

img/result.jpg

背景に薄っすらと見える鍵画像がUlead Pick-a-Photoに収録されているORIENTAL098であることは

以前から判明していたが、目立って見える檻と窓の元画像が不明だった。


10万Hit記念絵  

明治篇(1)の10ページに掲載されている旧渡辺千秋邸。現トヨタ蓼科記念館

youkan_003.png

zun013.jpg

アール・ヌーヴォーのステンドグラスが特徴的。

絵の題名は【 普通の魔法使い in 紅魔館 】

赤みがかった内装は紅魔館のイメージにぴつたり。

紅魔郷開発当初の紅魔館のイメージは『悪魔城ドラキュラ』由来と思われるモン・サン=ミシェルだったが

完成版頒布後の2002年秋に藤森 照信(※1)氏の歴史遺産 日本の洋館(※2)を読んだことによって

長野へ移築された明治の洋館(※3)のイメージが薄っすらと加えられた。


③ 香霖堂の名前の由来  

明治篇(1)の47ページに掲載されている旧今井孫市邸。

youkan_004.png

korindo.jpg

東方香霖堂』はこの写真の『香林堂』を見たことから名付けられた可能性がある。

香霖堂は博麗神主の Twitter ID (@korindo)としても使用されている。

また、国税庁法人番号公表サイトにて、法人番号『 9010501033043 』で検索することで

版権管理と税金対策のために設立されたと思われる『株式会社香霖堂』の存在を確認することが出来る。


④ 星蓮船4面背景  

明治篇(1)の101ページに掲載されている旧香川敬三・村上喜代次邸。(現在は解体されている)

youkan_005.png

th12_04.png

ゲームでは綺麗な光の加工が加えられている。

この背景は輝針城5面6面にも使用されている。


⑤ 永夜抄5面背景  

明治篇(1)の128~129ページに見開きで掲載されている旧田中光顕邸。文京区、蕉雨園。通常非公開。

youkan_006.png

th08_05.png

竹林の描かれた帳台構えが永い永い催眠廊下に使用されている。

永夜抄6面道中廊下では別の加工がされており、帳台構えの縁(ふち)部分は輝針城5面にも使用されている。


25万Hit記念絵  

明治篇(2)の89ページに掲載されている旧松本健次郎邸。

youkan_007.png

zun014.jpg

カーテン上部のバランスが特徴的。

霊夢の舞っているこの部屋で結婚式を挙げることも可能。

ウェディングフェア - 西日本工業倶楽部(旧 松本邸)(福岡県 北九州市戸畑区)


⑦ 妖々夢ED絵  

明治篇(2)の104~105ページに見開きで掲載されている旧内田定槌・陽子邸。横浜、外交官の家。見学可。

youkan_008.png

向かい合う椅子、そしてカーテンがモデル。



⑧ 開発中の紅魔郷タイトル画面背景  

東方紅魔郷には開発中の仮タイトル画面が存在する。

img/th6_00.jpg

窓の向こうに紅魔館のイメージらしき建物が見える。

Mont_Saint-Michel_01.png

この建物は悪魔城ドラキュラの海外版(Castlevania)ジャケット絵のモデルにもなった

フランス西海岸、サン・マロ湾上に浮かぶモン・サン=ミシェル(Mont Saint-Michel)である。

モン・サン=ミシェルは悪魔城を連想せる建物として使われたのだと考えられる。

img/Mont_Saint-Michel_02.png

上記の画像はfotoliaのロイヤリティフリー素材のはめ込み合成なので完全に一致するものではない。

仮タイトル画面でのモン・サン=ミシェルは左右反転されており、背後の大きな月も

その時に描き足された可能性がある。


⑨ 妖々夢4面スペルカード背景  

東方妖々夢4面ボス プリズムリバー三姉妹のスペルカード背景には紫色の画像が合成されている。

th07_04.png

この紫色の画像を抽出し、見やすく色調補正する。

eff04_g.png

すると中央から花柄が広がっているポインテッド・アーチ状のステンドグラスであることが判る。

ポインテッド・アーチは教会建築等に用いられる構造で、このステンドグラスも教会のものと考えられる。


このステンドグラスの正体はフランスのパリ中心部、シテ島にあるサント・シャペル (Sainte chapelle)

バラ窓である。

Sainte-Chapelle_01.png

サント・シャペルのステンドグラスはそれぞれが聖書の物語の再現であり、このバラ窓には

ヨハネの黙示録が描かれている。

ヨハネの黙示録とプリズムリバーから連想されるものには、22章1節の

水晶のように輝いているいのちの水の川』がある。

『水晶のように輝いている → プリズム』、『水の川 → リバー』である。(騒霊に『いのち』は無い?)

もしかしたらプリズムリバー姓はここから考えられたのかもしれない。


ついでにバラ窓の比較合成画像。変形と上乗せ。

Sainte-Chapelle_02.png Sainte-Chapelle_03.png

こちらの画像もfotoliaからのロイヤリティフリー素材なので元の画像とは完全には一致しない。


⑩ 紅魔郷3面背景  

東方紅魔郷3面の紅い背景には謎の黄色オブジェクトが存在する。

th06_03a.png


謎の黄色オブジェクトのモデルはおそらくUlead Pick-a-Photoに収録されているORIENTAL052である。

ORIENTAL052.png

この画像の正体は台湾の行天宮(シンテェンクォン)に存在する108個の門釘(もんてい)を接写したもので

黄色の突起は門を警護する百八星を意味する。(孔子廟にも存在する。)

紅魔郷3面には108の英雄・豪傑オブジェクトが並ぶ。


つまり……

th06_03b.png align= th06_03c.png align=

美鈴「くそ、背水の陣だ!」

霊夢「あんた一人で「陣」なのか?」


一人だけど一人じゃあなかった!

美鈴の背後には108の「陣」があったのだ……!




藤森 照信(※1)  

長野県諏訪郡宮川村(現 茅野市)出身。

日本の建築史家、建築家(工学博士)、あるいは建築探偵、路上探偵。

守矢家第七十八代頭主の守矢早苗氏とは幼馴染。

その縁もあり1991年、長野県茅野市宮川に神長官守矢史料館(じんちょうかんもりやしりょうかん)を設計。

建築家としてデビューした。

また、路上探偵 藤盛照信(藤森ではない)として荒俣 宏帝都物語 8巻 未来宮篇にも登場している。

藤盛は助手の男包(おそらく南 伸坊がモデル)と共に東京湾に眠る銀座煉瓦街の引き上げを行った。


歴史遺産 日本の洋館(※2)

2001年7月15日、三井不動産 創立60周年記念に発行された『家の記憶 Memories of Houses』の市販版。

三井不動産の住宅情報誌『こんにちは』において1990年~1996年にかけて連載された明治・大正・昭和期の

日本の洋館、和館についての特集企画『家の記憶』に、その後の取材分を追加して集大成したもの。


長野へ移築された明治の洋館(※3)

かつて渡辺千秋邸が建てられていた東京・高輪(たかなわ)の敷地をトヨタ自動車が買い取り

長野・蓼科(たてしな)湖の近くへと移築したことで偶然にも渡辺千秋氏の生まれ故郷への里帰りとなった。

また、紅魔郷マニュアルのバックストーリーの時点では湖の中心地の島に建っていた紅魔館だが

後の東方求聞史紀にて霧の湖の畔に建つイメージに変わったのも旧渡辺千秋邸の影響なのかもしれない。